So-net無料ブログ作成
検索選択

アジサイ園 [自然・環境]

東京サマーランドの、となりにあるアジサイ園にいってきました。 ひと山アジサイで埋め尽くされ、斜面一面白いアジサイ(アナベル)が・・・軽い山登りのような感じで結構汗かきましたw 下山して久しぶりに「ソフト・クリーム」を・・・・・ウヒ♪

アジサイ山!.jpgアジサイ2.jpgアジサイ3.jpg

そうそうアジサイ園に行って、解説版に昔お付き合いのあった方の名前を発見しました。 「山本武臣」さん・・・もう故人になられましたが、私がさるところのナニだった頃「アジサイ展」を開催しお世話になりました・・・彼のお宅は石神井図書館の南に・・・実にやさしいかたでありました・・・懐かしく思い出されます・・・・・・・・・

小川の復活・その後 [自然・環境]

この公園は20年ほど前に出来て当時は、小川がありました。 その後漏水などで水の補給費用が莫大になったので、止めていました。  

当時の管理事務所の所長がなんとか復元できないかと、流水テストを行い、年間の管理経費を計算したところ、250万円という試算が出てしまいあきらめていたところ・・・・

その公園のある町会長が、区長に直談判し改修費用を捻出し、改修工事が始まり復元させたものです。 その後その公園は地元の自主管理公園となって、地元で維持管理を行っています。

小川のほとりには「花菖蒲」や水辺植物を植え、さらには「水田」「雑木林」などがあり、都会になる以前の「原風景」を演出しています♪

小川1.jpg小川2.jpg小川3.jpg小川4.jpg小川5.jpg小川6.jpg

新緑の系譜 [グッピー]

始祖となるか・・・グリーンモザイク&グリーン・FW・・・・・♪  

グリーンA.jpgグリーンB.jpgグリーンC.jpgグリーンD.jpgグリーンE.jpg

きれいなグリーンの若魚ですが・・・はたしてどのようにw・・・・・新緑の始祖となって、ほ・ほしいナァ♪

久しぶりに昔のナニに(笑) [自然・環境]

秋の陽公園の水田と小川・・・しばらく行ってなかったので、いってまいりましたw 今回は水田を♪
水田2.jpg水田3.jpg
水田1.jpg

田んぼには「オタマジャクシ」がいっぱい・・・一体大都会の真ん中になんでと・・・・・w ???

グピ、今日の一枚 [グッピー]

尾の開きはいいのですが・・・・・・w

今日のグピ.jpg

朝日の中の水槽♪ [グッピー]

朝のすがすがしい陽の光を浴びた水槽、その中を泳ぐグッピー達 ♪

朝日と水槽1.jpg朝日と水槽2.jpg朝日と水槽3.jpg朝日と水槽4.jpg朝日と水槽5.jpg朝日と水槽6.jpg

いい感じ、うふ ♡

屋外飼育開始しました [グッピー]

一応グリーン系品種4種とはねメス、レースコブラの5水槽が屋外飼育に入りました♪ あとは3種まだ玄関内にいますw 写真は90センチ水槽で、USAグリーンが入っています。 すべてのグリーン系の親(母)ですwww

屋外飼育1.jpg

雨よけに波板、水槽との間には園芸用トレイを置いています。 これは通風性とエサやり用の隙間の確保のためです。 あとは電気系には漏水を注意した施しをしています。 梅雨の間は急速な温度低下も考えられるのでサーモ・ヒーターは入れています。 現在はエアレーションしてますが、温度が一定25度を超えるとき(安定したら)個体数にもよりますが、エアレーション、ヒーターは外しますwww

強風時には波板と水槽がずれないように、ガムテープで貼るか細紐でくくりつけますw 通常時は「石」を乗っけてますw  日照時間は午前中のみがいいのですが、ダメな時はよしず(午後の日照は要注意)など・・・我が家は都合のいい場所に木があり日陰が確保できています♪

なぜ屋外かと申しますと、屋内では30度以上になると、夜でも水温が下がりませんが、屋外だと風もあり以外に下がるのです・・・w  そのお陰で夏も元気にこせるのです♪

PS:ベランダは下がりませんので、お勧めできません!

え!?こ・これは・・・・・w [グッピー]

サ・サドルではないか・・・なぜ我が家に・・・・・・(爆)

サドル1.jpg

え!?・・・・・・・バレバレw・・・・さる方からのナニwww  ナニすんじゃァァァ  ヒヒヒ♪

音を聞いてみたくなって [ドラム&パーカッション]

もう何年もやっていない、アフリカの打楽器「ジャンべ」久しぶりに出して・・・近所迷惑じゃ! 

ジャンべ.jpg

ほんと生楽器の音は大きいのです、相当遠くまで・・・・・・・w

園芸用ミニ温室の活用 [グッピー]

クルルでも出しましたが・・・ここは新しいので再掲ですwww

園芸用のミニ温室です、うちには温室がありませんので稚魚用のプラケース入れで活用する予定です。 サーモ・ヒーターがついていますので適正な温度管理が可能です。 ただ問題点は過重・・・棚がどこまで持つかということと、上下の温度差をどうクリアするかということです。

そうはいってもうちは親子同居の放置型ですから・・・必要があるかな? 実はグリーン系のバリエーションが増え、稚魚も相当数います。 そのためには小分け作業が必要になってきたのです。 まあこれからは温度的には楽な季節ですので・・・使うかな? 秋口あたりかな(笑)

まあ何かしらのヒントになれば・・・・・・www
園芸用ミニ温室2.jpg
園芸用ミニ温室1.jpg

参考写真なので、水・グッピーは入っておりません・・・・これからw ほんとに入れるのか?あくまでもご参考に~~~~~~www

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。